【徹底分析】iPhone8の特徴と新機能

ついに発表されたiPhone8。最新モデルということで新機能も盛りだくさんです。iOS11との組み合わせにより更に便利に利用できそうです。デザインも刷新されており、ワイヤレス充電にも対応するようになりました。

この記事では、前モデルのiPhoneからiPhone8に乗り換える際に気をつけておきたいこと、知っておきたいことを解説します。

iPhone8のデザインを分析

iPhone8のガラスを纏ったボディ

旧モデルのiPhone4、iPhone4sを手に取ったことのある方なら気づくはずですが、実はiPhone8、背面ガラスという点ではiPhone4シリーズと同様なんです。

 

この点を進化ととらえるか、逆戻りととらえるかは人によりますが、ガラスの艶や光の反射など、表面が美しいことは事実です。iPhoneの表と裏がガラスでできているため、一体感、統一感があり、新しいデザインとも言えるでしょう。

ただ、気をつけなければならないことは、iPhone7の艶のあるブラック(ジェットブラック)のように、指紋がつきやすいということです。特に仕事柄手が油っぽくなる方や、季節によって手汗が出るという方は汚れが目立ってしまいます。

もちろん、上からシリコンケースでかぶせてしまうから気にならないと言ってしまえばそれまでですが、ガラスの質感を楽しむためにケースを使わずに持ち歩きたいという方は汚れが付きやすいことを考えておく必要があります。

iPhone8のブラックの購入を考えているなら以上のことを頭の隅に入れておきましょう。

また、これはiPhone4、4sにも共通して言えたことですが、背面ガラスは割れる事があるということです。スクリーンガラスが落下によって破損するのと同様、背面ガラスも扱いによっては割れる可能性があります。ワイヤレス充電に対応するために背面ガラスを使用しているので、仕方ないといえばそれまでですが、iPhone8の扱いには更に気をつける必要がありそうです。

iPhone8のカラーバリエーション

iPhone8のカラーバリエーションはゴールド、シルバー、スペースグレイの3色。iPhone8 Plusに関しても同様です。これから新色が追加される事も考えられますが、現段階では人気のカラー、ローズゴールドは選択できません

iPhone8のTouchID対応のホームボタンは健在

iPhoneのトレードマークであるメタルエッジのホームボタンですが、iPhone8ではそれが受け継がれています。全体を引き締めるホームボタンのデザインはiPhoneらしくてクールですよね。

TouchIDがこれまで通り使えるというのも、アップルペイなどを多用する方にとっては便利です。

iPhone8のサイズ感

iPhone8の本体サイズに関しては今回は変更なし。オーソドックスな4.7インチモデルと、ポケットの中では微妙にかさばる5.5インチモデルです。ただ、5.5インチモデルはカメラが高性能なので、カメラ機能を重視するのであれば、5.5インチがおすすめですよ。

4.7インチはコンパクトでおすすめですが、iPadを持っていない方であれば5.5インチもおすすめです。4.7インチだとストリーミングサイトで動画を観る際に、長時間になると疲れてしまいます。

4.7か5.5かのサイズ選択は①カメラ性能への要求。②動画を頻繁に見るかどうか。の2つが大きな決定要因になります。

iPhone8に乗り換える前に知っておきたい他のポイント

iPhone8の新機能は主に撮影性能

iPhone7でも可能であった4K撮影ですが、iPhone8でも可能です。Plusでは、ポートレートモードが強化されており、よりドラマティックで芸術的な人物写真を撮ることができます

iPhone8の価格!値段はいくら?

iPhone8の価格は税込み85,104円からです。ストレージを最大の256GBにすると、10万円を超えてしまいます。Plusの5.5インチはストレージが64GBのモデルで96,984円(税込み)。256GBだと、税込み115,000円を超えます。

まとめ

公式サイトで今手に入るのはiPhone6s、iPhone7です。もし現在6、5もしくはそれ以前のiPhoneを使用していて、6s、7への乗り換えを考えているのであれば、思い切って8に乗り換えたほうが賢明です。

ただ、すでにiPhone7を使用しており、おおむね満足しているのであれば、あえてiPhone8に乗り換える必要もないかと思われます。

前モデルのiPhone4を思い起こさせる背面ガラスデザイン。実際の質感などは店頭で手にとって試してみてくださいね!