画面サイズ - タブレットPCの選び方

画面サイズの選び方

自分の使用用途に合った画面サイズを選ぶ

タブレット PC を選ぶ際は、画面サイズが重要になってきます。大画面サイズなら見やすく、タッチ操作がしやすいですが、画面サイズが大きいと本体サイズも大きくなり、重量も増えますので、持ち運びのしやすさが落ち、手に持ってると疲れやすいです。 

一方、画面サイズが小さいと、本体サイズが小さくて重量が軽くなりますので、持ち運びがしやすく、スマートフォンに迫る小ささであれば、ポケットに入れておけたり、長時間手で持ってても疲れにくいです。ただし、画面サイズが小さいと、小さい本体にあらゆるものを詰め込むには限界がありますので、機能と性能が落ち、タッチ操作のしやすさが落ちます。 

このように画面サイズの違いで、メリットとデメリットが異なってきますので、自分の使用用途に合った画面サイズのタブレット PC を選ぶ必要があります。 

f:id:yllphets:20171013102934p:plain

主な画面サイズ

主流は8インチ型か10インチ型

タブレット PC には、様々な画面サイズが存在します。スマートフォンと同等な5インチ型のタブレット PC から、大画面ノートパソコン並みの20インチ型のタブレット PC もあります。 

タブレット PC の画面サイズの主流は、8インチ型と10インチ型です。まずは、この両者でどちらが自分に合っているか選択するのがおすすめです。どちらの画面サイズを選ぶか決まったら、決めた方の画面サイズ、もしくはそれに近い画面サイズのタブレット PC を探し、機能や性能を見比べて選ぶと良いです。 

f:id:yllphets:20171013103027p:plain

8インチ型と10インチ型の使い心地の違い

画面サイズが8インチ型のタブレット PC と10インチ型のタブレット PC を比べると、大きくサイズが違うという訳ではありませんが、使い心地が結構異なります。 

8インチ型のタブレット PC は、スマートフォンよりは大きいですが、片手で楽に持てるサイズです。そのため、タブレット PC を片手で楽に持ったり、上着のポケット等に入れたりして気軽に持ち運びしたい場合は、8インチ型のタブレット PC の選択が目安です。 

10インチ型のタブレット PC となると、片手で持てない事はありませんが、基本的に両手で持ち、必要に応じて片手で持って一方の手で操作となります。また、片手で掴んで持ち上げしにくかったり、両手でも長く持ってると疲れやすいです。また、サイズと重量がありますので、持ち運びするならバッグに入れる事になります。 

持ち運びのしやすさを見ると、8インチ型のタブレット PC がおすすめですが、10インチ型のタブレット PC は画面が広いので、ウェブサイトや動画、写真等が見やすく操作しやすいですし、本体サイズが大きい分充実した機能と性能を持つモデルがあります。 

このように画面サイズが異なると、使い心地が異なります。外出先への持ち運びのしやすさを考えるなら8インチ型のタブレット PC を選ぶのがおすすめですが、画面サイズが大きい事によるメリットを重視するなら10インチ型のタブレット PC を選ぶのがおすすめです。 

自分の様々な使用用途等を考慮し、どちらの画面サイズを選択するのが自分に合うのか判断が難しいところですが、もし画面サイズの選択に迷ったら、他の機能や性能にも注目して選んでみるのもありです。画面サイズが異なるタブレット PC を比べると、機能や性能等の中身も異なってきますので、どちらの画面サイズを選ぶのが自分に合うのか見えてくるかもしれません。